★アーユルヴェーダ(インド伝統医学、生命科学)

エステではありません。

約3千~5千年前に誕生したとされる世界最古の医学であり、生命科学。知恵の集大成です。

イラスト 漫画 体験ルポ メディカル 健康 食事 アーユルヴェーダ 体質 ドーシャ
↑アーユルヴェーダとは

■アーユルヴェーダとは

人間が朝起きてから眠るまで、誕生から成長し結婚、出産から子育て、老化から死に至るまで、人間の営みすべてをケアしています。日本ではエステの印象が強いのですが、本来はアーユルヴェーダ専門医が患者さんを診察、必要と判断した内容を施す医療行為なのです。 

 

また、インドではアーユルヴェーダの開業医になるために西洋医学(5年制の医学大学)、アーユルヴェーダ(1年制の医学大学院)、ホメオパシー(同種療法)、シッダ医学(南インドの伝統医学)ユナニ(アラブ伝承医学)などのカリキュラムをすべて終えなければ、国家資格を得ることが出来ません。ここが民間の代替療法とは大きく異なる点です。 アーユルヴェーダから枝分かれし、西洋医学や中医学(漢方)が生まれたと知る人はあまり多くありません。

アーユルヴェーダとの出逢い

イラスト 漫画 体験ルポ メディカル 健康 食事 アーユルヴェーダ インド カレー 料理 スパイス
↑初めて教わったのはインド料理

■初めて教わったのはインド料理
2007年5月。ツレの食事療法(たんぱく質・塩分制限)をきっかけに、香取薫先生率いる「インド料理教室 キッチンスタジオペイズリー」(東京都三鷹市)でインド料理を学ぶことになりました。それまでインド料理といえば、油こってり肉の塊がゴロゴロと入ったカレーやナンしか知りませんでしたが、インドの国土は日本の9倍以上とかなり広く、料理のジャンルも幅広いこと、特に南インドは気候も暖かく、野菜と豆料理が中心でベジタリアンも存在すること、塩分制限の物足りなさを補うべく、スパイスの種類が豊富で自在に調合できること、日本のインド料理店の約90%は北インド料理であること…等々を知り、そのイメージが根底から覆りました。

イラスト 漫画 体験ルポ メディカル 健康 食事 アーユルヴェーダ 体質 ドーシャ
↑アーユルヴェーダとの出逢い

■アーユルヴェーダとの出逢い

続いて、キッチンスタジオペイズリーさんで、佐藤真紀子(satvik)先生率いる「satvikアーユルヴェーダスクール」(東京都目黒区)のアーユルヴェーダの基礎コースを学びました。

突き詰めれば、身体にも心にも「質」があること。身体の声に耳をすませ、バランスを整えること。

 

基本的にアーユルヴェーダで「すべての病気は消化力の低下が始まりである」と考えます。それが二度の腸閉塞を患ったワタシのライフスタイルにマッチングしたこともあり、独学ですが、アーユルヴェーダの勉強は現在でも続けています。

■アーユルヴェーダは先人の叡智
「アーユルヴェーダは古代インドの知恵だから、今の日本にはそのまま当てはまらない」という声をよく耳にします。確かに、時代や気候、食材の違いなどはありますが、それだけでアーユルヴェーダの叡智を無視してしまうのはもったいないように感じています。
何故ならば、ワタシたちが人生を生きていることそのものがアーユルヴェーダだからです。

アーユルヴェーダとは、ワタシたちに馴染み深い言葉でたとえるなら「おばあちゃんの知恵」のようなもの。どの時代にも風土に根ざした「おばあちゃんの知恵」が必ず存在します。ワタシは忘れてしまった先人の知恵を、今こそ見直す時期ではないかと思っています。

twitter更新中です

えかき工房ぷあんぽわんの活動を中心につぶやくお知らせアカウントです。